アミノ酸のサプリメントはランキングで人気|脂肪をメラメラ燃やそう

女性

鉄分の摂取で予防を

栄養補助食品

貧血は体内の鉄分が欠乏することで起こる症状であり、そのままにしておくと立ちくらみやめまい、失神などを引き起こします。特に女性は、毎月の生理や、妊娠、出産、授乳などにより貧血になりやすく、意識して対策する必要があります。予防するためには日常的に鉄分を摂取することが必要ですが、食品によっては吸収率がかなり低いものもあるため、体に吸収される量を意識して食品をとる必要があります。ヘム鉄とよばれる、動物性の食品によく含まれている鉄分は吸収率が高いですが、非ヘム鉄とよばれる植物性食品によく含まれている鉄分はそのままでは吸収率がよくありません。そのような場合は、ビタミンCと一緒に摂取するように工夫すると吸収率がよくなります。小松菜は、非ヘム鉄とビタミンCを両方含んでいるためおすすめの食品です。また、鉄の調理器具を使うという工夫もおすすめです。

体内のヘモグロビン値が11をきると貧血と判断されます。貧血を改善するためには、サプリメントよりも食生活の改善のほうが有効です。知っておくとよい情報としては、プルーンは鉄分が多いと思われていますが、実は一回の摂取量に対しての含有量はそこまで多くはありません。一般的にドライプルーンで摂取することが多いと思いますが、十分鉄分がとれるほど摂取すると果糖などの摂りすぎになってしまいます。そのため、プルーンを食べているから大丈夫と過信せずに、バランスよく食べるようにしましょう。鉄分というとレバーや赤身の肉などをイメージする人が多いと思いますが、これらは苦手にしている人も多いかもしれません。意外に知られていないですが、大豆製品は鉄分が豊富に含まれています。青海苔なども豊富です。こういった食品は手軽に追加しやすいので、覚えておくといいでしょう。納豆やきなこなどが特におすすめです。